創立90周年記念特別企画(秋期)

発展する労働科学と社会貢献

労研創立90周年記念特別企画「発展する労働科学と社会貢献」(2011/11/18)は盛況のうちに終了しました。心より感謝申し上げます。
当日の様子をご覧いただけます。大きな画像は、下記の画像をクリックしてyoutubeでご覧ください。左から、「第一部」「第二部」「第三部」です。

 

 

    90sympo.jpg

    労研創立90周年秋企画「発展する労働科学と社会貢献」(2011年11月18日、於:霞が関ビル35階東海大学校友会館)は、盛況のうちに終了いたしました(右:パーティの集合写真)。ご参加頂いた皆様、開催にあたり協賛を頂いた企業や団体の皆様に心より感謝申し上げます。

    当日は研究部の取り組みの発表、大原謙一郎様の講演、大原ネットワークシンポジウムでの熱のこもった充実した討議、ネットワークを確かめるパーティの3部構成で、労研90周年を参加者一同で「絆」を確認し、「発信」の重要性を確かめる機会となりました。90周年秋企画の詳細につきましては、後日DVDなどでご報告いたします。今後とも労働科学研究所をよろしくお願いいたします。

    2011年11月21日 実行委員、所員一同

    ISL90sympo.jpg

    労働科学研究所は産業界をはじめ、労働界、学術界の支援を受け、90年にわたって活動を続けてきました。
    本特別企画では、数々の社会貢献を果たした労働科学の歴史を多様な視角から見直し、100周年を視野に入れながら、研究と教育活動のありようと優先課題を未来指向で検討し、提案します。
    労働科学研究所は企業活動の要としての社会貢献をめざす産業界と、柔らかなネットワークを張り巡らしながら個々の企業としっかりとスクラムを組みます。
    90周年特別企画(秋期)でその第一歩を踏み出します。
    ご参加をお待ちしています。

     

     

     

     

     

    創立90周年記念特別企画(春期)のご報告はこちら

    申し込み

    FAXでお申し込みの方は
    申込書.pdf
    をダウンロードしていただき、参加申込書に記入の上、044-976-8659 に送付お願い致します。
    E-mailでお申し込みの方は、所属、氏名、第3部パーティーの参加・不参加、郵便番号、住所、電話番号、FAX を明記の上、isl.info@isl.or.jp 宛にお願い致します。

    プログラム

    2011年11月18日(金) 9時30分~18時

    第1 部:研究部プレゼンテーション 9:30-12:00

    発展する労働科学に挑戦する意欲的な研究ならびに実践例をプレゼンテーションします。

    司会:毛利 一平(研究部長/働く人々の多様性研究グループ長)

       松田 文子(疲労・労働生活研究グループ)

    930分 開会あいさつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 酒井 一博(所長)

         イントロダクション・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 毛利 一平・松田 文子

    940分 セッション1 重点事業及びトピックス

      1) [産業安全保健エキスパート養成コース]産業安全保健エキスパートの軌跡と今後の展開

        ・・・・・ 北島 洋樹(副所長/働く人々の多様性研究グループ)

      2) [震災への対応〕現場のニーズに対応する研究部の取り組みから

        ・・・・・ 吉川 徹(副所長/疲労・労働生活研究グループ長)

      3) [メンタルヘルス]職場環境改を通じたメンタルヘルス対策といきいき職場つくり

        ・・・・・ 吉川 徹

    1040分 セッション2 研究員によるポスターセッション

    1100分 セッション3 研究グループによる研究活動

      1) [システム安全研究グループ]

       安全が企業価値となるには ・・・・・・・・・・・・・ 細田 聡(システム安全研究グループ長)

      2) [疲労・労働生活研究グループ]

       長時間夜勤の負担と制限の必要性 ・・・・・・・ 松元 俊(疲労・労働生活研究グループ)

       年功賃金と職場の変化 ・・・・・・・ 赤堀 正成(疲労・労働生活研究グループ)

      3) [働く人々の多様性研究グループ]

       働く環境の安全・快適性の評価と改善 ・・・ 鈴木 一弥(働く人々の多様性研究グループ)

    第2 部:大原ネットワーク・シンポジウム 13:00-16:00

    労働科学研究所は大正時代に倉敷紡績株式会社社長・大原孫三郎氏の手によって誕生しました。前後にいくたの公益機関が誕生し、約90 年の時代を経て、今なお精力的な活動を続けています。この大原ネット(大原社会問題研究所、資源植物科学研究所、倉敷中央病院、大原美術館、労働科学研究所)から、企業の社会貢献とわが国の未来について熱く語ります。

    第3 部:創立90周年記念パーティ 16:00-18:00

    会場・アクセス

    東海大学校友会館

    霞が関ビル35階 〒100-6035 東京都千代田区霞が関3-2-5

    <電車の方>
    銀座線 [虎ノ門駅]  11 番出口または5 番出口徒歩3 分
    千代田線・日比谷線・丸の内線 [霞ヶ関駅] A13 番出口徒歩5 分・A4 番出口徒歩8分
    南北線 [溜池山王駅]  8 番出口徒歩5 分
    有楽町線 [桜田門駅 Y17]  2 番出口徒歩6分

    <お車の方>
    お車の方は、霞ヶ関IC 下車のち、渋谷方面に向かい、中央合同庁舎を左折、すぐ右折。地下BM2、B2 の駐車場をご利用ください。

    参加費

    1 部・2 部・3 部参加 20,000 円

    1 部・2 部のみ参加 5,000 円

    3 部のみ参加 20,000 円 

    協賛企業・団体募集

    労働科学研究所「創立90 周年記念特別企画」の趣旨を理解され、積極的に支持していただける企業・団体を広く募集しております。1 口10万円です。ご協賛いただきましたら、当日のプログラム・会場内看板等に企業・団体名を表示させていただきます。