女性労働に関する調査研究と社会貢献

 労働科学研究所と女性労働

  •  労働科学研究所(労研)は大正時代に、倉敷紡績万寿工場の敷地内に設立されました。歴史はその前年(1920年)の冬までさかのぼります。当時の社長大原孫三郎と、気鋭の生理学者暉峻義等(その後労研初代所長)の二人は、深夜に、抜き打ちで工場の視察に出かけます。薄明かりの電灯のもとで二人が目にしたものは、すごい綿ぼこりのなかで働く若き女工たちの姿でした。若いといっても12、3歳、なかには9歳、10歳の子どももまじっていたそうです。二人の目の前で女工はつい居眠りをします。がくっと頭が前に倒れたとたん、額を機械にぶつけ、びっくりして目を覚ましたといいます。この光景をみて、何とかしなければと、二人は研究所の設立を決心します。労研は創立から15年間、倉敷紡績の工場内で、労働科学の基礎固めに専心します。女工、深夜労働、労働環境をターゲットに、労働現場における労働科学的な調査研究を精力的に行いました。労研は女工を対象とした研究、つまり女性労働に関する実証研究のパイオニアであり、現在から将来にかけての主要なテーマの一つです。
     女性労働に関する優れたデータベースは、世の中にすでに存在しています。この面での後発の労研データベースは、できるだけ、オリジナルをめざします。まずは、労研が刊行してきた雑誌の記事目録からデータベースをつくりますが、資料整理がすすんだ段階で、研究と社会の関係についても解き明かしたいと思っています。順次、労研の視点や思いを語ることで、本アーカイブの特異性をつくり込んでいくつもりです。ご期待ください。

     

     

    労働科学研究所の研究者が語る女性労働(コラム)

    女性労働に関する調査研究と社会貢献エピソード
    大原と暉峻の深夜工場視察の衝撃(1920年2月)—労働科学研究所設立前夜—  (酒井一博)
    jyosei_sakai_fig1.jpg

    「正1時に大原氏、白足袋にせったをはいて、はかまをつけて・・・今から行こうというわけで迎えにきてくれた。二人で夜道を歩いて紡績の中に行った。ところが、ふいに行ったものだから、さあ社長さんがきたというので大さわぎですよ。人間は少ない。監督者はいない。女工さんばかり働いている。いたるところ、女工さんの三分の一はねむっている。九歳、十歳ですよ。そして紡績のリングという機械はこんなに高いんです。目のところにリングのスピンドルがある。それからもうもうとえらいほこり・・・見えやしない。」「もうまるで霧の世界に入ったようで、二メートル先はほとんど見えない。電灯の光はぼjyosei_sakai_fig2.jpgんやりしているしね。そこへもってきて加湿している。・・・(中略)・・・それは人工の紡績という生産事業場ではあるけれども、まるで牢獄ですね。」さらに、暉峻はつづけてこんなふうに述べています。「はじめは自分から(大原孫三郎のこと、筆者注)見せようと言ったんだけれど、一年ぶりに入ってみて、やっぱり私(暉峻義等のこと、筆者注)という男を連れているのが大原さんに響いていたし、大原さん自身もなまなましい現実を一年ぶりに見たんですから、ひどくこたえたんですね。こうして頭をぶっつけて目を覚ましているんだからね。(後略)」(三浦豊彦、労働科学研究所60年史話、30〜31、労働科学研究所、1956から引用)この深夜の工場視察で衝撃を受けた大原孫三郎と暉峻義等の二人は、その場で、工場で働く女工たちが「健康でしあわせなる」ような研究活動を行い、必要な改善提案をすることに同意します。これが、1920(大正9)年2月のことです。労研の設立は、この深夜の工場視察の翌年、1921(大正10)年7月のことで、研究所は倉敷紡績万寿工場の敷地内に立地されました。

    図1が、創立時代の倉敷労働科学研究所です。研究者たちが、工場の女工らと一緒に寝泊まりしながら、データの蒐集にあたったことは、その後の長い労研の歴史に決定的な影響を与えたといってよいでしょう。

    深夜の工場視察の後、暉峻義等は研究者を募り、早速、紡績工場において労働科学の調査研究を開始します。1920年夏には、労研の礎を築き、その後の労働科学研究の核となる桐原葆見、石川知福らとともに、昼夜交代作業の予備調査が始まります(図2)。このときの調査研究の結果は、その後の研究と相まって、1924年に創刊された「労働科学研究」(現「労働科学」)誌に掲載されます。

    女性労働に関する調査研究と社会貢献エピソード②
    倉敷労働科学研究所の農業労働調査—高月村農業労働調査所の設立と研究活動—(酒井一博)

    本年(2011年)5月に広島で第46回jyosei_sakai2_fig1.jpg人類働態学会が開催されました。大会長の宇土博(広島文京女子大学教授)さんは、大会テーマを「日本の農業再生」と定め、基調講演でこう述べました。「暉峻義等は、倉敷紡績の婦人労働者が貧困な農村出稼ぎ労働者であることに注目し、婦人労働者の労働条件の改善には、農業の労働条件をよくし、貧農をなくすことが先決問題であるとして、昭和8年に岡山県赤磐郡に農業労働調査所を設立し、農業問題の研究を開始しています。そして、戦後間もない昭和28年に「農業の労働科学序説」(図1)を著し、農業の改善と 

     農民の自立を訴えています。そこには、今日の農業崩壊の予測と、それを防ぐ労働科学の処方が提案されています」。日本の農業再生の組み立ての取りかかりに、暉峻義等の研究と見解を持ち込んだ宇土さんの基調講演はとても新鮮でした。「倉敷紡績の婦人労働者が貧困な農村出稼ぎ労働者であることに注目し、婦人労働者の労働条件の改善には、農業の労働条件をよくし、貧農をなくすことが先決問題である」というくだりには、私も強い共感をもち、帰って早速調べてみました。
      労研における農業労働研究は1929年からはじまったようですが、本格的な取り組みは高月村(岡山県jyosei_sakai2_fig3.jpg赤磐郡)に農業労働調査所を設けたときから始まります。直接のきっかけは、当時、有栖川宮記念厚生資金が「農家の主婦の労働に関する科学的研究」に与えられたことによりますが、研究者たちが研究室からでて、高月村に研究拠点をつくりながら、農民の生活と労働をまるごと調べていく大きな構想力は、現在の研究のあり方に大きな示唆を与えています。高月村農業労働調査所の設置は1933年6月で、閉所は1935年4月ですから、正味の活動期間は1年10ヵ月のことでした。この間の研究成果は、「農業労働調査所報告」にまとまっています。創刊以降、最終刊(1942jyosei_sakai2_fig2.jpg年)までの間に、全部で59冊が刊行されています。報告のすべてが女性労働に関する調査研究ではありませんが、農家主婦の母性的活動に関する研究、農家主婦の家事作業に関する研究、農家婦人作業服(図2)、農村に於ける乳児死亡と母の生活状態との関係に就いてなど、女性労働に関わる調査研究も多く含まれます。それ以上に、農村における労働と生活両面に同時に光をあてることにより、女性の農村における位置や役割が鮮明になってくることに強い関心をもちました。
     こうした取り組みの背景に、紡績工場で働く女工たちへの思いの丈が研究者たちに宿っていたとすると、現場と密着した研究のダイナミズムについ感服してしまいます。

     

     
    労働科学研究所の研究成果

    労研が女性労働に関して取り組んだ研究の成果については、以下の文献に掲載されています。鋭意、資料のPDF化を進めています。いくつかの論文については、タイトルをクリックするとPDFファイル(サイズが2MBほどありますので、直接閲覧せず、ダウンロードすることをお勧めします)がご覧いただけます(2011/4/18現在 2ファイル)。 

    ■学術専門誌 「労働科学」   ※主に2000年より以前に発行されたもの

    主著者,タイトル,巻,号,開始頁,終了頁,発行年月日

     

  • 松本  圭一, 国際労働問題としての「婦人夜業問題」,1,1,293,318,1924/7/1
  • 松本  圭一,国際労働問題としての「婦人夜業問題」(承前) ,1,2,559,578,1924/10/1
  • 桐原  葆見, 婦人に於ける生理的周期と作業能  その1 掌握力の消長に就いて,1,4,901,942,1925/3/1
  • 松本  圭一,国際労働問題としての「婦人夜業問題」(承前),1,4,1041,1074,1925/3/1
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能 その2 反応時間,2,3,423,506,1925/12/1
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能 その3 延長の目測,3,1,111,152,1926/5/5
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その4 紡績  仕上部作業(晝間),3,2,265,328,1926/8/1
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その5 紡績仕上部作業(昼夜交代),3,4,677,742,1927/4/1
  • 小西  與一,婦人労働者選択の生理的標準に関する研究(其1) ,4,1,31,61,1927/6/20
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その6 巻煙草作業,4,1,63,144,1927/6/20
  • エリツヒ・グリユンネルト,女子職業学校による産業労働婦人の教育に就いて ,4,1,201,208,1927/6/20
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その7 被服裁縫作業,4,2,357,377,1927/9/15
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その8 質問法による統計的調査,4,2,379,454,1927/9/15
  • 桐原  葆見,婦人に於ける生理的周期と作業能  その9 調査結果の綜括的考察―結論,4,3,539,570,1927/11/15
  • 小西  與一,婦人労働者選択の生理的標準に関する研究(其2) ,5,2,173,210,1928/6/15
  • 小川  惟煕,婦人労働者の発育に関する研究(その1) -特にそれと出産との関係について-,5,3,455,504,1928/9/1
  • 小西  與一,婦人労働者の貧血及其の原因について ,5,4,721,747,1928/11/20
  • 田辺  秀穂,婦人労働者の貧血に関する研究 -特に赤血球数並に血色素量の生理値並にその労働条件との関係について-,6,1,93,154,1929/3/20
  • 小川  惟煕,婦人労働者の発育に関する研究(その2) -紡績婦人労働者と海女との比較-,6,4,751,828,1929/11/5
  • 杉浦  一雄,紡績男子労働者に於ける下肢静脈瘤に関する調査 -その女子労働者に於ける発生状況との比較的考察-,7,4,743,768,1930/10/1
  • 暉峻  義等,産業に於ける人的要素に関する研究 婦人労働に関する生物学的見解,8,2,295,378,1931/4/1
  • 助川  浩,婦人労働者の妊娠及出産の法的保護に就て ,9,4,489,493,1932/9/1
  • 石川  知福,百貨店に関する調査報告 報告第1 女子従業員の身体的性能の特異性に就て ,10,5,457,480,1933/11/1
  • 上野  義雄,百貨店に関する調査報告 報告第2 女子従業員の作業負担及作業配分に関する調査 ,10,5,481,507,1933/11/1
  • 勝木  新次,百貨店に関する調査報告 報告第3 女子従業員の疲労検査 其1 生理学的方法による疲労調査,10,5,509,547,1933/11/1
  • 上野  義雄,百貨店に関する調査報告 報告第3 女子従業員の疲労検査 其2 心理学的方法による疲労調査,10,5,549,564,1933/11/1
  • 石川  知福,百貨店に関する調査報告 報告第3 女子従業員の疲労検査 其3 女子従業員の神経性健康障害に就て,10,5,565,600,1933/11/1
  • 上野  義雄,百貨店に関する調査報告 報告第5 結婚及増殖についての女子従業員の解答(女学生と職業婦人との比較) ,10,5,611,629,1933/11/1
  • 丸岡  荒太郎,女子工場労働者の結核と採用時の体格に就いて ,11,2,181,191,1934/3/1
  • 大塚  協,工場労働階級に於ける梅毒の蔓延状態に関する研究  報告第2 婦人労働者の梅毒罹患率について,11,3,305,327,1934/5/1
  • 暉峻  義等,農村の栄養に関する研究  其の5 婦人会員を指導して行ひたる主食物改善-農村婦人会の活動に関する一つの試み-,11,4,451,472,1934/9/1
  • 鷲野  甚之助,婦人労働者最低年齢に就て (紡織方面より見たる),12,1,45,53,1935/1/1
  • 佐藤  美實,立業に従事する婦人の子宮位置形態異常の特異性 ,15,3,236,236,1938/3/1
  • 暉峻  義等,工業に於ける婦人の従事せる作業部署の労働強度一覧表 ,18,6,499,505,1941/6/1
  • 松井  毅,女子トレーシング従業員の扁平足発生率に就いて ,18,8,640,644,1941/8/1
  • 別府  義雄,繊維工業に従事せる女子労働者の体重、及び身長に就て ,18,8,645,659,1941/8/1
  • 三瓶  孝子,農村に於ける小機業と婦人労働 ,18,12,993,1005,1941/12/1
  • 三瓶  孝子,足利中小染・織業と婦人労働 ,19,10,889,900,1942/10/1
  • 安藤  政吉,某化学工場に於ける賃金並に生活事情調査報告(その3) -女子工員生活事情調査報告-,21,3,209,229,1944/4/1
  • 安藤  政吉,某化学工場に於ける賃金並に生活事情調査報告(その4) -女子工員生活事情調査報告附帯調査-,21,3,230,238,1944/4/1
  • 楠  喬,農家における家族労働力の配分に関する研究(その1) -農家の婦人の農業労働と家事労働との関連について-,27,12,623,631,1951/12/10
  • 藤本  武,工場労働者特に婦人労働者の生活時間構造について -生活時間調査研究 第2報告-,28,2,81,88,1952/2/10
  • 藤本  武,工場労働者特に婦人労働者の生活時間構造について(その2) -生活時間調査研究 第3報告-,28,3,130,135,1952/3/10
  • 大橋  一雄,水田単作地に於ける女子労働力の農業労働からの離脱について  -農民の労働年齢に関する研究 第3報-,31,11,742,749,1955/11/10
  • 中村  喜美子,東北一農村における女子の農業労働および母性的活動との関連よりみた地位  その1 水稲作労働よりみた女子の地位,32,6,463,478,1956/6/10
  • 中村  喜美子,東北一農村における女子の農業労働および母性的活動との関連よりみた地位 その2.初潮,婚姻,32,7,544,554,1956/7/10
  • 中村  喜美子,東北一農村における女子の農業労働および母性的活動との関連よりみた地位 その3.妊娠,出産,死産,乳児死亡,32,8,635,648,1956/8/10
  • 中村  喜美子,東北一農村における女子の農業労働および母性的活動との関連よりみた地位 その4.産前産後の休養,月経閉止,32,9,740,750,1956/9/10
  • 小林  一郎,富士吉田市の家内工業たる機業に於ける従業女子工員の婦人科的疾患 ,34,2,108,113,1958/2/10
  • 斉藤  一,婦人労働保護法規の医学的批判(I) 重量物取扱いについて,37,6,257,267,1961/6/10
  • 三浦  豊彦,至適温度の季節変動に関する研究(第1報) -女子軽作業者における温熱感,快適度および罹病率と温熱条件の関係-,38,7,383,398,1962/7/10
  • 秋田  清,女子学生における生理的周期の心身に及ぼす影響(その1) 主として生理的な面,40,7,334,339,1964/7/10
  • 神田  道子,女子労働とパートタイム(第1報) ,40,10,487,495,1964/10/10
  • 神田  道子,女子労働とパートタイム(第2報) ,40,10,496,505,1964/10/10
  • 近松  順一,女子労働の現状とその問題点(第1報) -毛織物中小企業の女子労働者(1)-,41,9,441,468,1965/9/10
  • 秋田  清,女子学生における生理的周期の心身に及ぼす影響-(その2)主として心理的な面-,41,9,469,473,1965/9/10
  • 近松  順一,女子労働の現状とその問題点(第2報) -毛織物中小企業の女子労働者(2)-,41,10,512,524,1965/10/10
  • 岸田  孝弥,研修場面と女子の「情意不安」 -場面変化が個人の情緒的緊張に及ぼす影響について-,42,6,476,479,1966/6/10
  • 増田  富江,栄養状態と婦人生理に関するアンケート調査 ,47,1,31,36,1971/1/10
  • 新福  祐子,婦人労働について(1) -婦人労働と家庭生活-,47,11,676,681,1971/11/10
  • 新福  祐子,婦人労働について(2) -婦人労働と健康-,48,1,19,29,1972/1/10
  • 大森  和子,女子における余暇の身体的活用に関する研究 ,49,10,611,618,1973/10/10
  • 斉藤  一,女子の時間外労働と深夜業の規制の意義に関する労働科学的基礎 ,50,8,483,508,1974/8/10
  • 藤本  武,中小企業における婦人労働に関する調査 (I) 婦人労働者の家族構成・勤務の中断と職業観,50,8,519,545,1974/8/10
  • 藤本  武,中小企業における婦人労働に関する調査(II) 労働時間,50,9,585,605,1974/9/10
  • 藤本  武,中小企業における婦人労働に関する調査(III) 年次有給休暇と母性保護,50,11,779,796,1974/11/10
  • 野村  秀子,最近の女子労働者の体力について ,51,8,485,490,1975/8/10
  • 小木  和孝,女子印刷労働者の時間外労働が生体負担と生活におよぼす影響 ,52,6,281,314,1976/6/10
  • 小木  和孝,婦人労働者の労働生活と残業に関するアンケート調査 ,52,10,599,620,1976/10/10
  • 藤本  武,婦人労働保護と男女差別撤廃問題 -国際的動向について-,53,4,265,292,1977/4/10
  • 増田  富江,栄養状態と婦人生理に関するアンケート調査(第2報) ,54,10,555,564,1978/10/10
  • 安倍  和則,惣菜製造工場における婦人労働者:深夜パートタイム勤務の事例 生活時間と疲労徴候,62,6,305,310,1986/6/10
  • 鈴木  春子,個人対応型勤務制度下の女子パートタイマー  -大規模小売店でのアンケート調査から- ,67,12,574,587,1991/11/10
  • 栗田  明良,兼業農家における女子労働の現状と問題点  -神奈川県下におけるアンケート調査から- ,68,5,200,215,1992/5/10
  • 鈴木  春子,役割分担意識と女子の農業労働力化  -埼玉県K市における1991年調査から- ,69,8,340,357,1993/8/10
  • 石井 まこと,女性のホワイトカラー化と雇用管理 -女性活用事例調査をもとに-,72,8,293,301,1996/8/10
  •   
  •  
  • ■一般普及誌 「労働の科学」  ※主に2000年より以前に発行されたもの
  •  タイトル,主著者,巻,号,開始頁,発行年月日
  • 婦人少年労働保護について,藤本  武,1,3,34,1946/8/15
  • 日本産業に於ける婦人及年少者の労働基準,スミス  M  ミード,2,8,29,1947/12/1
  • 婦人労働のために,編集部,4,8,2,1949/8/1
  • 婦人の職業的活動の展望,勝木  新次,4,8,4,1949/8/1
  • 婦人労働の現状  既婚婦人を中心として,浦邊  史,4,8,12,1949/8/1
  • 女子公務員の生理的週期の問題  その調査について,井上  房江,4,8,27,1949/8/1
  • 女子におこりやすい職業性の障害,久保田  重孝,4,8,59,1949/8/1
  • 婦人労働者の知能と作業成績,太田垣  瑞一郎,4,9,51,1949/9/1
  • 女子学生の生活時間と一日の消費熱量,横堀  栄,6,1,27,1951/1/1
  • 婦人のしごと,沼尻  幸吉,6,3.4,9,1951/5/1
  • 婦人労務者の「工場教育」,小林  清次郎,7,2,14,1952/2/1
  • 婦人の労働,桐原  葆見,7,5,7,1952/5/1
  • 婦人労働の現状  年齢構成を中心として,大島  正光,7,5,8,1952/5/1
  • 婦人労働の文化(1),西川  好夫,7,5,15,1952/5/1
  • 婦人の重量物運搬  その問題点と実態,仲儀  すみ子,7,5,23,1952/5/1
  • ある石炭浜仲仕の話  婦人の重量物運搬について,緑川  次郎,7,5,34,1952/5/1
  • 婦人の労働負担,桐原  葆見,8,4,7,1953/4/1
  • 婦人労働,桐原  葆見,9,4,206,1954/4/1
  • 労働する女性の現実について,暉峻  義等,9,4,208,1954/4/1
  • 眼でみる労働科学〔21〕 婦人の重量物取扱作業の実態,斉藤  一,9,4,211,1954/4/1
  • 婦人の衛生管理,前田  正明,9,4,227,1954/4/1
  • 川崎市の婦人労務者,井上  房江,9,4,231,1954/4/1
  • 癩園に働く婦人,世古口  五枝,9,4,238,1954/4/1
  • あるお嫁さんの記録から  東北農村の婦人労働の断面,中村  喜美子,9,4,245,1954/4/1
  • 婦人の重量物取扱い作業  労働生理学の立場からみる,斉藤  一,9,5,270,1954/5/1
  • 溶剤中毒にビタミンE  ゴムと手荒れ  婦人の家事労働量  慢性三塩化エチレン中毒,高木  和男,12,2,123,1957/2/1
  • 婦人労働と労働基準法,斉藤  一,12,4,205,1957/4/1
  • 工場の健康を守る務め  ―婦人衛生管理者の手記―,鈴鹿  悦子,12,4,232,1957/4/1
  • 女子労働者の健康管理の問題,東京衛生管理者協会女子部会,14,1,76,1959/1/1
  • 婦人の賃金  <特集>,藤本  武,14,4,209,1959/4/1
  • 統計からみた女子の職業  <特集>,広田  寿子,14,4,221,1959/4/1
  • 婦人労働と家族制度  <特集>,小林  巧,14,4,232,1959/4/1
  • 女子労働と栄養  蚕糸労働者の食生活実態  <特集>,磯部  しず子,14,4,239,1959/4/1
  • <座談会>  職域における女性の生理,山田  一,15,1,65,1960/1/1
  • 目で見る婦人労働  (15)  写真労働風土記,労研編集部,18,5,1,1963/5/1
  • 婦人労働特集号によせて  <巻頭言>,勝木  新次,18,5,2,1963/5/1
  • 職業病から見た婦人労働  <特集>,久保田  重孝,18,5,12,1963/5/1
  • 機械化事務作業に従事する婦人の健康管理  <特集>,近江  明,18,5,17,1963/5/1
  • 女子の冬季寒冷作業とその影響について  <特集>,斉藤  一,18,10,30,1963/10/1
  • 働く婦人の生理をめぐって   <特集>,斉藤  一,19,4,4,1964/4/1
  • 働く婦人の生理をめぐって   <特集>,丸岡  秀子,19,4,10,1964/4/1
  • 働く婦人の生理をめぐって  <特集>,松本  清一,19,4,16,1964/4/1
  • 働く婦人の生理をめぐって  <特集>,中村  元彰,19,4,21,1964/4/1
  • 働く女性の職業病  ─コールドパーマ液による皮膚障害─,巻幡  美保子,19,5,46,1964/5/1
  • 企業イメ-ジをつくる女子行員のユニフォ-ム  <特集>,大内  輝夫,21,3,28,1966/3/1
  • 耳栓の効果と種類について  RMR4以上の仕事は女性には不むきか  <相談室>,冨永  洋志夫,21,8,66,1966/8/1
  • 女子労働者の時間問題と生活費,近松  順一,22,3,56,1967/3/1
  • プラスチック製マナイタについて  女子の間食について  <相談室>,高木  和男,22,4,58,1967/4/1
  • 婦人労働者の労働と余暇   -調査から-  <特集>,近松  順一,22,7,22,1967/7/1
  • 婦人の雇用  〔50〕 <労働科学講座>,藤本  武,23,1,58,1968/1/1
  • 女子の貧血について  四アルキル鉛中毒予防規則について,小山内  博,23,7,64,1968/7/1
  • 婦人の労働時間と家事労働,稲葉  ナミ,23,8,21,1968/8/1
  • 農業における女子労働,栗田  明良,23,9,64,1968/9/1
  • 勤務間隔時間のすごし方  ─男子勤労者と女子勤労者の比較─,越河  六郎,24,10,78,1969/10/1
  • 婦人の仕事と深夜業,大羽  綾子,24,11,76,1969/11/1
  • 職場における婦人の人間関係について  ─第一線婦人リーダーの実態をめぐって─,大羽  綾子,25,3,33,1970/3/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(1),吉川  光保,25,4,58,1970/4/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(2),吉川  光保,25,5,44,1970/5/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(3),吉川  光保,25,6,98,1970/6/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(4),吉川  光保,25,7,48,1970/7/1
  • コンピューター関連業務における婦人労働者,越河  六郎,25,8,68,1970/8/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(5),吉川  光保,25,8,72,1970/8/1
  • 変わりゆく女子の就業分野,藤井  敏子,25,9,4,1970/9/1
  • 婦人労働者の労働負担  ─労働科学叢書「婦人労働」の補遺の意味で─,斉藤  一,25,9,13,1970/9/1
  • 女子パートタイマーをめぐる問題,小林  巧,25,9,18,1970/9/1
  • 沿岸漁業の婦人労働,岩崎  繁野,25,9,23,1970/9/1
  • 70年代の婦人雇用問題,山本  まき子,25,9,30,1970/9/1
  • 婦人と職業  ─大羽綾子氏を囲んで─,大羽  綾子,25,9,34,1970/9/1
  • 事務機械化とある病める女性タイピストの記録(6),吉川  光保,25,10,72,1970/10/1
  • 有害環境と女性,野見山  一生,26,2,36,1971/2/1
  • 吉川光保「事務機械化とある病める女性タイピストの記録」読後感,小沼  十寸穂,26,2,54,1971/2/1
  • 婦人の労働保護について,藤本  武,26,3,3,1971/3/1
  • 最近の女子の職業の変化について,井上  ナホミ,27,4,30,1972/4/1
  • 栄養不調と婦人,増田  富江,27,12,16,1972/12/1
  • 婦人労働の生理学的諸問題  (ソビエトの労働科学27),内海  義夫,27,12,50,1972/12/1
  • 婦人労働の生理学的諸問題  (ソビエトの労働科学28),内海  義夫,28,1,56,1973/1/1
  • 妊娠中の婦人労働者の管理について,,28,3,0,1973/3/1
  • 婦人の職業活動の動機  (ソビエトの労働科学29),内海  義夫,28,3,74,1973/3/1
  • 女子労働者の家庭内での役割  (ソビエトの労働科学30),内海  義夫,28,4,46,1973/4/1
  • 女子停年制をめぐる判決から,松岡  三郎,28,5,34,1973/5/1
  • 女子労働者の家庭内での役割  (ソビエトの労働科学31),内海  義夫,28,5,56,1973/5/1
  • 女子従業員の意識と管理,宮本  昇,29,1,36,1974/1/1
  • 女子の就職と技術教育,鈴木  達也,29,3,3,1974/3/1
  • 婦人労働の発展と制約,藤本  武,29,6,3,1974/6/1
  • 婦人労働に関する諸外国の法制の現状,児玉  芙美子,29,7,4,1974/7/1
  • 戦後日本の婦人労働保護,藤本  武,30,3,36,1975/3/1
  • 東京銀行・女子事務服,日本ユニホームセンター,30,4,1,1975/4/1
  • 労基法研究会第2小委員会専門委員報告「医学的専門的立場からみた女子の特質」の要旨,勝木  新次,30,9,9,1975/9/1
  • 女子保護と男女平等  ─国際婦人年に当たりあるウーマンリブへの手紙をかりて─,斉藤  一,30,9,23,1975/9/1
  • 婦人労働保護と男女差別撤廃問題  ─国際的動向─,藤本  武,31,12,5,1976/12/1
  • 婦人の地位の向上と労働保護  ─民間企業意見調査を中心として─,小山田  英一,31,12,14,1976/12/1
  • 医学的立場からみた女子の特質と労働保護  ─母性保護について─,斉藤  一,31,12,24,1976/12/1
  • 男女平等の労働権と婦人労働保護  ─婦人だけの労働保護は必要か─,大羽  綾子,31,12,30,1976/12/30
  • 女子事務作業者の腰痛,菰池  義彦,32,1,4,1977/1/1
  • 医学の立場からみた婦人の特質と労働保護(2),斉藤  一,32,1,52,1977/1/1
  • 婦人の労働経歴の特殊性とその変化  <特集>,藤本  武,33,2,20,1978/2/1
  • 婦人の雇用と賃金   <特集>,藤本  武,33,11,13,1978/11/1
  • 女性の定年制と社会保障   <特集>,袖井  孝子,34,4,19,1979/4/1
  • 婦人の労働能力の逐年的変化について   <Q&A>,斉藤  一,34,7,54,1979/7/1
  • 男女平等と婦人労働保護  <巻頭言>,遠藤  幸男,35,3,3,1980/3/1
  • 現実的な男女平等への道  -婦人労働の多様化をふまえて-  <特集>,塩沢  美代子,35,3,4,1980/3/1
  • 深夜業と婦人  -医療労働者の立場から-  <特集>,江尻  尚子,35,3,10,1980/3/1
  • 危険有害業務と婦人  <特集>,村田  行江,35,3,22,1980/3/1
  • 婦人労働者と保育  <特集>,橋本  宏子,35,3,33,1980/3/1
  • 時間外労働と婦人  <特集>,高林  宏子,35,3,38,1980/3/1
  • 女子従業員の休日労働  <Q&A>,野沢  浩,36,12,60,1981/12/1
  • 婦人労働の「たてまえ」と現実,野沢  浩,38,8,3,1983/8/1
  • OA革命と婦人労働,柴田  悦子,38,8,4,1983/8/1
  • 共働き婦人の疲労,大竹  美登利,38,8,16,1983/8/1
  • 婦人の賃金の国際比較,藤本  武,38,8,28,1983/8/1
  • 女性の立場からみた男女雇用平等法,多田  とよ子,39,5,16,1984/5/1
  • 婦人労働保護基準に関する要望書(資料),日本産業衛生学会労働衛生関連法制度検討委,39,5,29,1984/5/1
  • 女性の平均寿命が80年をこえた  <巻頭言>,三浦  豊彦,40,12,3,1985/12/1
  • 女子労働者の深夜業,木村  愛子,41,10,21,1986/10/1
  • 東レ(株)のCIと女子ユニフォーム,東レ,42,1,8,1987/1/1
  • VDT作業に従事する婦人の頚肩腕症状,宮尾  克,42,10,4,1987/10/1
  • 欧米諸国にみられるVDT職場の婦人の健康障害,中迫  勝,42,10,17,1987/10/1
  • 昭和63年版 「婦人労働の実情」 を読んで,伊藤  セツ,44,5,38,1989/5/1
  • 女子パートタイマーの労働条件格差の改善を考える,山岡  煕子,44,10,28,1989/10/1
  • 女性雇用問題の展望と今後の課題  -その経済上の地位向上を目指して-,大羽  綾子,45,12,4,1990/12/1
  • 実態報告!仕事と生活のはざまで  -女性建築技術者のやりくり-,大阪女性建築技術者の会,45,12,18,1990/12/1
  • 女子学生の就業意識・会社訪問行動,宮崎  礼子,46,6,25,1991/6/1
  • 女性農業改良普及員の仕事と働きがい,斉藤  陽子,46,9,42,1991/9/1
  • 雇用の女性化  -日本の特徴-,大沢  真理,47,2,4,1992/2/1
  • 女性の雇用管理は変化したか  -均等法施行満5年の実態-,森  ます美,47,2,8,1992/2/1
  • 女性が快適に働く権利の侵害  -セクシュアル・ハラスメントの実態を探る-,大津  芳子,47,2,18,1992/2/1
  • 婦人の力で繁殖牛経営を,岡  千代子,47,5,38,1992/5/1
  • パートタイマーは女性の問題か?,大森  真紀,47,7,46,1992/7/1
  • 女性の雇用環境,秋山 朋巳,48,3,129,1993/3/1
  • 職場類型からみた女性活用の実態,脇坂 明,48,3,132,1993/3/1
  • 女子学生の求職動向と企業の求人傾向,長坂 寛,48,3,136,1993/3/1
  • 経済活動からみた企業の求人意欲と女性の職場,成瀬 健生,48,3,140,1993/3/1
  • 女性の職域拡大を目指して,高島 順子,48,3,144,1993/3/1
  • 女性と骨粗鬆症 -骨折・腰痛・腰曲り-,野村 茂,48,8,486,1993/8/1
  • 女性が支える地域活性化,中尾 祝子,48,9,576,1993/9/1
  • 女性の職業 -参加から参画へ-,神田  道子,49,11,1,1994/11/1
  • 男の働きすぎ解消こそ先決 -女性の雇用拡大にむけて-,塩沢  美代子,49,11,8,1994/11/1
  • 不況下、女子学生の就職難の事情,石田  美雪,49,11,12,1994/11/1
  • 女子学生の均等な就職機会確保のための行政の取組み,労働省婦人局婦人政策課,50,3,9,1995/3/1
  • ドイモイと女性労働者 -ベトナム・ホーチミン市を訪ねて-,広木  道子,50,3,45,1995/3/1
  • 女性差別とセクシュアル・ハラスメント,上井 喜彦,51,1,30,1996/1/1
  • ホットライン相談事例等からみた女子学生の就職差別,黒岩 容子,51,3,54,1996/3/1
  • 女性史、婦人問題文献 -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その8>-,野沢 浩,51,11,54,1996/11/1
  • 女性史、婦人問題文献 -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その8>-,野沢 浩,51,11,54,1996/11/1
  • 女性史、婦人問題文献(続1) -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その9>-,野沢 浩,51,12,60,1996/12/1
  • 女性史、婦人問題文献(続1) -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その9>-,野沢 浩,51,12,60,1996/12/1
  • 女性史、婦人問題文献(続2) -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その10>-,野沢 浩,52,1,60,1997/1/1
  • 女性史、婦人問題文献(続2) -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その10>-,野沢 浩,52,1,60,1997/1/1
  • 規制緩和と女子保護の廃止問題を考える,北山 利夫,52,4,12,1997/4/1
  • 農業労働の改善と女性の地位向上,大島 綏子,52,5,52,1997/5/1
  • 婦人の社会的自覚と廃娼論議 -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その16>-,野沢 浩,52,7,38,1997/7/1
  • 婦人の社会的自覚と廃娼論議(続) -労研図書館:近・現代史資料めぐり<その17>-,野沢 浩,52,8,38,1997/8/1
  • 女子に対する資格差別は、どのような場合に問題になるのでしょうか,小俣 勝治,52,9,49,1997/9/1
  • 女性が手に職業を求めはじめた時代,三浦 豊彦,52,10,30,1997/10/1
  • 女性タクシードライバーの深夜勤務,加藤 健,52,11,53,1997/11/1
  • 働く女性のストレスとコーピング,平島 奈津子,52,12,21,1997/12/1
  • 女子の農業就労の変化とその行方,遠藤 登,53,5,31,1998/5/1
  • 労働条件の規制緩和が女性労働に与える影響,田中 裕美子,53,7,56,1998/7/1
  • 女性社員のための健康教室を開催して,沢村 聖子,53,8,21,1998/8/1
  • 女子マラソンで育つ夢,河合 達雄,54,8,43,1999/8/1
  • 法改正に伴う女性労働者の健康問題と産業保健のかかわり方,荒木 葉子,54,9,19,1999/9/1
  • 健康的な働き方の国際常識-労基法の女性保護規定廃止を機に21世紀の」女性労働を思う-,前原 直樹,54,12,1,1999/12/1
  • 女性の働き方の問題と男女共生社会を実現するための課題,朝倉 隆司,54,12,4,1999/12/1
  • 「女性ユニオン東京」にみる女性の働き方の変化,小谷 幸,54,12,9,1999/12/1
  • 女性の管理職の死亡率分析から日本の未来をみる,長谷川 敏彦,54,12,15,1999/12/1
  • イギリスの働く女性,若者支援,寺町 昇,55,9,56,2000/9/1
  • APECセミナー“進めよう!21世紀の科学技術における女性の活躍”に参加して,出浦 淑枝,55,10,38,2000/10/1
  •   
  • ■図書 (当所が所有する女性労働に関連する図書)
  •  著者名,著者,出版社,発行年
  • 医学的・専門的立場からみた女子の特質  ―労働基準法研究会第2小委員会専門委員報告―,労働基準法研究会第2小委員会編,労働基準法研究会第2小委員会:東京,1974
  • 現代の婦人労働問題,婦人労働問題研究会編,労働旬報社:東京,1975
  • 新聞記事資料集成(通巻31)   「労働編」第6巻  ―労働力・雇用(2) / 賃金・労働条件― 戦時労働力(2)(二) 学徒動員関係 昭和18年(1943)~昭和20年(1945)                      (三) 女子動員関係 昭和18年(1943)~昭和20年(1945) 賃金・労働条件  々      明治45年(1912)~昭和20年(1945)  〃 婦人労働・年少労働 明治45年(1912)~昭和20年(1945),神戸大学経済経営研究所編,大原新生社:東京,1975
  • 主婦とは何か  ―家事労働と婦人の意識―(生活の科学 2)増補改訂,生活科学調査会編,ドメス出版:東京,1976
  • 昭和51年版  厚生白書  ―婦人と社会保障―,厚生省編,大蔵省印刷局:東京,1976
  • 女子技術者の雇用管理  ―製薬・建築・情報処理産業の事例研究―(職研資料シリーズ婦雇 - 21),職業研究所婦人雇用研究室,職業研究所:東京,1977
  • 昭和52年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1977
  • 婦人の生涯と社会保障(現代の生活と社会保障),坂寄 俊雄/小倉 襄二編,法律文化社:京都市,1977
  • 1978年版  婦人白書  ―婦人と老後問題・婦人の現状と要求―,日本婦人団体連合会編,草土文化:東京,1978
  • ソ連における婦人の就業分野(職研資料シリーズ婦雇 - 24),職業研究所婦人雇用研究室,職業研究所:東京,1978
  • 女子技術者の職業生活  ―専門的技術的職業に従事する女子に関する調査報告書(2) ―(職研資料シリーズ婦雇 - 25),職業研究所婦人雇用研究室,職業研究所:東京,1978
  • 女子職員の妊娠・出産に関する調査,人事院職員局,人事院職員局:東京,1978
  • 昭和53年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1978
  • 男女平等と母性保護 <講座  現代の婦人労働  2>(全4巻),黒川 俊雄/嶋津 千利世/犬丸 義一編,労働旬報社:東京,1978
  • 婦人の現状と施策[国内行動計画  第1回報告書],総理府編,ぎょうせい:東京,1978
  • 婦人労働者の賃金と雇用 <講座  現代の婦人労働  1>(全4巻),黒川 俊雄/嶋津 千利世/犬丸 義一編,労働旬報社:東京,1978
  • 婦人労働法制の課題と方向  ―労働基準法研究会報告―,労働省婦人少年局編,日刊労働通信社:東京,1978
  • 婦人労働問題[社会政策学会史料集成(復刻版)第12巻](全13巻・別1),社会政策学会史料集成編纂委員会監修 河津 暹/高野 岩三郎/桑田 熊藏/福田 徳三,御茶の水書房:東京,1978
  • 労働運動と婦人労働者 <講座  現代の婦人労働  4>(全4巻),黒川 俊雄/嶋津 千利世/犬丸 義一編,労働旬報社:東京,1978
  • 労働者の生活と家事・育児 <講座  現代の婦人労働  3>(全4巻),黒川 俊雄/嶋津 千利世/犬丸 義一編,労働旬報社:東京,1978
  • 1979年版  婦人白書  ―親子関係~家庭と地域/婦人の現状と要求―,日本婦人団体連合会編,草土文化:東京,1979
  • "女性の職業とボランティア活動(Women, work & volunteering)","Roeser, Herta  柴田 善守監訳",相川書房:東京,1979
  • 昭和54年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1979
  • 神奈川県の婦人労働事情  ―昭和53年7月  調査―,神奈川県労働部労政課,神奈川県労働部労政課:横浜市,1979
  • 水産加工業と衣服その他の繊維製品製造業の女子雇用実態  ―事業所ならびに女子従業員アンケート集計結果― <「失業と就労に関する調査研究」資料集(I)>(研究報告・道総研第63号・労働第43号),北海道立総合経済研究所,北海道立総合経済研究所:札幌市,1979
  • 婦人労働法論  ―課題と展開― ,島田 信義 ,労働旬報社:東京,1979
  • 1980年版  婦人白書  ―家庭基盤を考える/婦人の現状と要求―,日本婦人団体連合会編,草土文化:東京,1980
  • はたらく婦人の母性保護  ―産婦人科医からみた婦人労働―,佐道 正彦,労働経済社:東京,1980
  • 昭和55年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1980
  • 西ドイツ婦人の就業状況(職研資料シリーズ婦雇 - 28),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1980
  • 総合技術教育の思想  ―児童・婦人労働と教育―(青木教育叢書),諏訪 義英,青木書店:東京,1980
  • 婦人問題辞典,婦人問題辞典刊行委員会編,学習の友社:東京,1980
  • 婦人労働  ―その労働科学的分析―(労働科学叢書 26)5刷,斉藤 一/三浦 豊彦/藤本 武/石津 澄子/狩野 広之/ 井上 和衛,労働科学研究所出版部:川崎市,1980
  • 1981年版  婦人白書  ―差別撤廃条約と後半期行動プログラム―,日本婦人団体連合会編,草土文化:東京,1981
  • 女性学をつくる,女性学研究会編,勁草書房:東京,1981
  • 昭和56年版  労働白書  ―労働生産性の国際比較と女子雇用問題―,労働省編,日本労働協会:東京,1981
  • 日本女子大学  農家生活研究所所報 第2号(1981年3月) ―農家における兼業の深化が婦人の労働と生活におよぼす影響に関する研究― ,日本女子大学農家生活研究所,日本女子大学農家生活研究所:東京,1981
  • 婦人問題書誌の書誌,国立婦人教育会館編,国立婦人教育会館:嵐山町(埼玉県),1981
  • 1982年版  婦人白書  ―婦人と「行財政改革」―,日本婦人団体連合会編,草土文化:東京,1982
  • フランスにおける婦人の就業と生活(職研資料シリーズ婦雇 - 33),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1982
  • 産婦人科  第3巻 2:婦人科学各論 <臨床医学示説> ,森山 豊監修 斎藤 幹編,近代医学出版社:船橋市,1982
  • 産婦人科  第3巻 3A:婦人科学各論 II/産科学各論 I <臨床医学示説> ,森山 豊監修 斎藤 幹編,近代医学出版社:船橋市,1982
  • 若年労働者の職業適応に関する追跡研究(その13)―第I 部  女子対象者に対する23歳調査結果データ集、第II 部  高卒男子対象者の就職行動に関するデータ集―(職研資料シリーズ III - 31),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1982
  • 昭和56年度版  川崎市労働白書  ―女子労働の現状と今後の課題―,川崎市市民局勤労市民室編,川崎市:川崎市,1982
  • 昭和56年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1982
  • 昭和57年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1982
  • 日本女子大学  農家生活研究所所報 第3号(1982年3月) ―農家における兼業の深化が婦人の労働と生活におよぼす影響に関する研究― ,日本女子大学農家生活研究所,日本女子大学農家生活研究所:東京,1982
  • 婦人雇用研究  I <婦人労働者の労務管理/企業の採用行動/人間関係と能力開発>(職研資料シリーズ婦雇 - 32),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1982
  • サービス経済化の進展と家庭構造の変容  ―女性の役割と行動を中心として―(NRC-81-14  委託研究),総合研究開発機構,三井情報開発株式会社総合研究所:東京,1983
  • 原口鶴子  ―女性心理学者の先駆―,荻野 いずみ,銀河書房:長野市,1983
  • 高齢化社会と女性(高齢化社会シリーズ),島田 とみ子/樋口 恵子編,中央法規出版:東京,1983
  • 女子労働論  ―「機会の平等」から「結果の平等」へ―(有斐閣選書  437),竹中 恵美子編,有斐閣:東京,1983
  • 女性の仲間づくりと余暇関連サービス  ―余暇関連サービスとそのコミニュティ形成機能に関する研究調査―,中小企業庁小規模企業部サービス業振興室編,大蔵省印刷局:東京,1983
  • 昭和58年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1983
  • 専門職(税理士)における婦人の就業と生活に関する調査研究報告書(職研資料シリーズ婦雇 - 35),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1983
  • 日本農家の女性問題,光岡 浩二,時潮社:東京,1983
  • 婦人の現状と施策[国内行動計画  第3回報告書],総理府編,ぎょうせい:東京,1983
  • 婦人の職業生活と健康に関する調査研究報告書(労働衛生研究 No.5) ,東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1983
  • 婦人雇用研究  II <企業側からみた婦人労働者に関する法律問題/労働側からみたパートタイマーの現状と組織化/有配偶女子雇用者の一側面>(職研資料シリーズ婦雇 - 34),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1983
  • 1983年職業移動と経歴(女子)調査報告書  ―中間報告―(職研調査研究報告書 No.32),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1984
  • 経済ソフト化時代の女性労働  ―日米欧の経験―(有斐閣選書 456),水野 朝夫編,有斐閣:東京,1984
  • 女性の求職活動と就業意識についての調査研究報告書  ―公共職業安定所等を訪れた女性たちの実態―(職研調査研究報告書 No.35),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1984
  • 婦人雇用研究  III <人材派遣業(いわゆる事務請負業)と婦人労働  ―昭和58年度婦人雇用調査研究会議事要録―>(職研資料シリーズ婦雇 - 36),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1984
  • 婦人労働条件等調査結果報告書  ―昭和58年7月  調査―,神奈川県労働部労政課編,神奈川県労働部労政課:横浜市,1984
  • 私の女性論  ―性的役割分業の克服のために―,竹中 恵美子,啓文社:京都市,1985
  • 若年労働者の職業適応に関する追跡研究(その15)―女子対象者に対する26歳調査結果データ集―(職研資料シリーズ III - 35),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1985
  • 女子労働と労働市場構造の分析,ホーン・川嶋 瑶子,日本経済評論社:東京,1985
  • 女性の職場進出と家族機能の変化に関する調査研究報告書(職研調査研究報告書 No.46),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1985
  • 素顔の女性技術者  ―プロフェショナルの条件―(有斐閣選書 465) ,小林 謙一/町田 隆男/伊藤 実,有斐閣:東京,1985
  • 婦人雇用研究  IV <人材派遣業(いわゆる事務処理請負業)と婦人労働>(職研資料シリーズ婦雇 - 37),職業研究所婦人雇用研究室,雇用促進事業団職業研究所:東京,1985
  • 1986年版  婦人白書  ―「均等法」施行と婦人労働、婦人の現状と要求―,日本婦人団体連合会編,ほるぷ出版:東京,1986
  • 海外労働白書  昭和61年版  ―増加する女子労働者と変容する労働市場―,労働省大臣官房国際労働課編,日本労働協会:東京,1986
  • 女性の職場進出と家族機能の変化に関する調査研究報告書(続)―4、5歳児を持つ父母を対象とした調査から―(職研調査研究報告書 No.50),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1986
  • 昭和61年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1986
  • 昭和62年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1986
  • 人材派遣業(事務処理)の女子労働者の仕事と生活に関する調査研究報告書(職研調査研究報告書 No.54),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1986
  • 企業における女子の戦力化・活用に関する調査結果報告書(職研調査研究報告書 No.62),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1987
  • 近年における女子の職業分野の変遷に関する研究報告書(職研調査研究報告書 No.61),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1987
  • 私の見た職場で働く婦人の諸問題,足立 喜美子,雇用問題研究会:東京,1987
  • 諸外国の男女雇用平等施策をめぐる現状と課題  ―ILO、イギリス、アメリカを中心として―(婦人労働研究 No.1),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1987
  • 女子の長期継続雇用と処遇の実態に関する研究報告書  ―「賃金構造基本統計調査特別集計」結果―(職研調査研究報告書 No.68),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1987
  • 女子従業員の活用に関する調査(婦人労働研究 No.2),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1987
  • 女子労働の新時代  ―キャッチ・アップを越えて―,雇用職業総合研究所,東京大学出版会:東京,1987
  • 女子労働増大の社会経済的インパクトに関する研究報告書(職研調査研究報告書 No.63),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1987
  • 昭和61年度版  川崎市労働白書  ―女子パートタイマーの就労実態と意識―,川崎市市民局市民部勤労市民課編,川崎市:川崎市,1987
  • 転機に立つ女性労働  ―男性との関係を問う―,鎌田 とし子,学文社:東京,1987
  • 婦人教育関係雑誌記事索引集  <昭和57年~61年> ,国立婦人教育会館編 ,国立婦人教育会館:嵐山町(埼玉県),1987
  • 名古屋の働く女性たち  ―その歴史と未来―,名古屋市勤労婦人センター編,名古屋市:名古屋市,1987
  • 女性の職業経歴  ―1975年、1983年「職業移動と経歴(女子)調査」再分析―(職研調査研究報告書 No.77),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1988
  • 昭和63年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1988
  • 女子の労働力供給行動に関する研究結果報告書(職研調査研究報告書 No.88),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1989
  • 女子情報処理技術者の就労実態  ―SE・プログラマーを中心として―(婦人労働研究 No.3),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1989
  • 女子情報処理技術者の就労実態  ―SE・プログラマーを中心として―(婦人労働研究 No.3),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1989
  • 女子労働関連データ集(職研資料集 No.11),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1989
  • 女性の就業パターンの3か国比較  ―アメリカ・スウェーデン・イギリス―(職研調査研究報告書 No.89),雇用職業総合研究所編,雇用促進事業団雇用職業総合研究所:東京,1989
  • 昭和63年度版  東京の婦人労働事情,東京都労働経済局,東京都労働経済局:東京,1989
  • 働く女性と労働法  改訂版 <婦人労働チェックノート>,東京都労働経済局,東京都労働経済局:東京,1989
  • 平成元年版  川崎市労働白書  ―女性パートタイム労働者の就労実態と意識―,川崎市市民局勤労市民室編,川崎市:川崎市,1989
  • 平成元年版  労働白書  ―高年齢者雇用と女子パートタイム労働の現状と課題―,労働省編,日本労働協会:東京,1989
  • 現代日本の女性労働  ―M字型就労を考える―,大森 真紀,日本評論社:東京,1990
  • 女子専門職の就労形態とその実態  ―老人福祉施設を中心として―(婦人労働研究 No.4),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1990
  • 女性たちの十八世紀  ―イギリスの場合―  <Eighteenth-century women an anthology>,"Hill, Bridget(ブリジェット・ヒル) 福田 良子訳",みすず書房:東京,1990
  • 平成元年度  女子雇用管理基本調査  ―結果報告書―(婦人局調査資料 No.14),労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1990
  • 平成元年度  労働事情調査結果  女子労働者・パートタイマー就労実態調査結果報告書(労研調査報告  第114号),長野県社会部労政課労働科学研究室編,長野県社会部:長野市 ,1990
  • 母性保護等の概況(女子雇用管理基本調査結果報告)(昭和63年 婦人局調査資料 No.12),労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1990
  • 家内労働調査結果報告(平成2年度 婦人局調査資料 No.15),労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1991
  • 研究報告書  「ハイテクノロジーの進展と女子労働者の健康」 ―昭和63年度~平成2年度  産業生態科学研究所特別研究―,産業医科大学産業生態科学研究所,産業生態科学研究所:北九州市,1991
  • 国際化時代の女子雇用,筒井 清子/山岡 照子編,中央経済社:東京,1991
  • 女子労働者就業実態調査報告書,千葉県商工労働部労政課,千葉県商工労働部労政課:千葉市,1991
  • 女性と社会階層 <現代日本の階層構造 4>(2刷),岡本 英雄/直井 道子編,東京大学出版会:東京,1991
  • 女性のデータブック  ―性・からだから政治参加まで―,井上 輝子/江原 由美子編,有斐閣:東京,1991
  • 女性情報年鑑  1991年版,「女性情報年鑑」編集部編,教育史料出版会:東京,1991
  • 新しい労務管理と女性労働,桜井 絹江,学習の友社:東京,1991
  • 新時代の労使関係に関する調査研究  ―女性労働に関する調査研究報告書―(通商産業省平成2年度委託調査),連合総合生活開発研究所編,連合総合生活開発研究所:東京,1991
  • 百貨店女子従業員の就業実態と意識(婦人労働研究 No.5),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1991
  • 婦人就業対策等の現状と課題  ―総務庁の行政監察結果からみて―,総務庁行政監察局編,大蔵省印刷局:東京,1991
  • 平成2年版  婦人労働の実状,労働省婦人少年局編,大蔵省印刷局:東京,1991
  • 平成3年版(1991年版)  川崎市労働白書  ―女性労働に関する調査―,川崎市市民局勤労市民室編,川崎市:川崎市,1991
  • 若年女子従業員の就業実態と意識(女性労働研究 No.6),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1992
  • 女性のライフサイクル  ―所得保障の日米比較― ,オザワ・N・マーサ/ 木村  尚三郎 / 伊部  英男編,東京大学出版会:東京,1992
  • 女性の職場進出と問題点  ―女性労働問題のスケッチ―,足立 喜美子,講談社出版サービスセンター:東京,1992
  • 女性従業員のキャリア形成意識とサポート制度の実態に関する調査(調査研究報告書 No. 21),日本労働研究機構編,日本労働研究機構:東京,1992
  • 女性労働と保育  ―母と子の同時保障のために―,橋元 宏子,ドメス出版:東京,1992
  • 働く女性の疲労とストレス(労働衛生研究 No.13) ,東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1992
  • 平成3年度  労働事情調査結果・労働事情特別調査結果・女子労働者就業環境調査結果  報告書(労研調査報告  第123号),長野県社会部労政課労働科学研究室編,長野県社会部:長野市 ,1992
  • こんなはずじゃなかった!`―女性総合職 300人の体験手記―,ワーキング・ウーマン研究所(WWI)総合職研究会編,日本生産性本部:東京,1993
  • 現代の女性労働と社会政策(社会政策学会年報  第37集),高島道枝編代,御茶の水書房:東京,1993
  • 現代フェミニズムと労働  ―女性労働と差別―      <Unequal work>,"Beechey, Veronica(ヴェロニカ・ビーチ) 高島 道枝/安川 悦子訳",中央大学出版部:東京,1993
  • 私の「女性学」講義  三訂版  ―ジェンダーと制度― 〔シリーズ<女・あすに生きる>1〕 ,小松 満貴子,ミネルヴァ書房:京都,1993
  • 女子再就職の実態に関する研究(資料シリーズ   No. 29),日本労働研究機構編,日本労働研究機構:東京,1993
  • 女性と社会保障(社会保障研究所研究叢書 29) ,社会保障研究所編,東京大学出版会:東京,1993
  • 女性活用に関する企業事例研究(女性労働研究 No.7),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1993
  • 女性関連施設の現況  ―平成3年度「婦人教育施設等の現況調査」報告―,国立婦人教育会館編,国立婦人教育会館:嵐山町(埼玉県),1993
  • 職場類型と女性のキャリア形成(岡山大学経済学研究叢書第13冊) ,脇坂 明,御茶の水書房:東京,1993
  • "平成4年(1992年)賃金構造基本統計調査報告  第3巻:職階, 職種, 新規学卒者, 標準労働者, パートタイム女子労働者, 企業規模5~9人",労働大臣官房政策調査部統計調査第二課編,労働大臣官房政策調査部:東京,1993
  • 平成4年度  女子雇用管理基本調査結果報告書(婦人局調査資料 No.22),労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1993
  • 平成5年版  働く女性の実情 <「婦人労働の実情」の改称>,労働省婦人局編,大蔵省:東京,1993
  • 両性の新しい秩序の世紀へ  ―女性・家族・開発―,伊藤 セツ,白石書店:東京,1993
  • ジェンダーと女性労働  ―その国際ケーススタディ―  <Working women  ―International perspectives on labour and gender ideology―>,"Rebclift, Nanneke & Sinclair, M. Thea(ナニカ・レッドクリフト/セア・シンクレア) 山本 光子訳 ",柘植書房:東京,1994
  • ベテラン技能者の定着条件に関する調査(女性労働研究 No.8),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1994
  • 大卒女性の職業選択行動と職業生活(女性労働研究 No.9),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1994
  • "平成5年(1993)賃金構造基本統計調査報告  第3巻:職階,  職種,  新規学卒者,  標準労働者,  パ-トタイム女子労働者,  企業規模5~9人 ",労働大臣官房政策調査部統計調査第二課編 ,労働大臣官房政策調査部:東京,1994
  • 平成5年度  女性・女性パートタイム労働者就労実態調査結果報告書,長野県社会部労政課労働科学研究室編,長野県社会部:長野市,1994
  • 平成6年版  長野県労働経済の分析  ―女性労働者の現状と課題―(労研調査報告書  第136号) ,長野県社会部労政課労働科学研究室編,長野県社会部:長野市,1994
  • 平成6年版  働く女性の実情,労働省婦人局編,21世紀職業財団:東京,1994
  • "OECDレポート:産業構造変化と女性雇用    <Women and structural change, New perspectives, 1994>",Organisation for Economic Co-operation and Development(経済協力開発機構),21世紀職業財団:東京,1995
  • コース別雇用管理と女性労働  ―男女共同参画社会をめざして―,渡辺 峻,中央経済社:東京,1995
  • 科学技術分野に女性パワーを活かすための支援事業  事業報告書   ―科学技術を私たちの身近なものに―  (平成6年度 文部省女性の社会参加支援特別推進事業),日本婦人科学者の会編,日本婦人科学者の会:千葉市,1995
  • 経済変化と女子労働  ―日米の比較研究―,大沢 真知子,日本経済評論社:東京,1995
  • 女性が働く社会,篠塚 英子,勁草書房:東京,1995
  • 女性の専門的キャリア形成(資料シリーズ No. 49),日本労働研究機構編,日本労働研究機構:東京,1995
  • 女性の労働・生活時間  ―フルタイムで働く女性1万人に聞く―(労働科学叢書 99),連合女性局編,労働科学研究所出版部:川崎市,1995
  • 女性労働者就業実態調査報告書,千葉県商工労働部労政課編,千葉県商工労働部労政課:千葉市,1995
  • 新雇用管理論  ―女子雇用管理から生活視点の人材活用経営へ―,山岡 煕子,中央経済社:東京,1995
  • 世界の女性  1995  ―その実態と統計―  <The world's women 1995  ―trends and statistics―>,The Unaited Natons(国際連合) 日本統計協会訳,日本統計協会:東京,1995
  • 中国の女性  ―社会的地位の調査報告― <中国婦女社会地位概観(中国婦女社会地位叢書  全国巻一)>,中国婦女社会地位調査課題組 陶 春芳/蒋 永平編著,尚学社:東京 ,1995
  • 日本型企業社会と女性 <働く女性と家族のいま 1 >,基礎経済科学研究所編,青木書店:東京,1995
  • 日本型企業社会と女性 <働く女性と家族のいま 2 >,基礎経済科学研究所編,青木書店:東京,1995
  • 日本型企業社会と女性労働  ―業と家庭の両立をめざして― 〔シリーズ<女・あすに生きる>7〕 ,藤井 治枝,ミネルヴァ書房:京都,1995
  • "平成6年(1994)賃金構造基本統計調査報告  第3巻:職階,  職種,  新規学卒者,  標準労働者,  パ-トタイム女子労働者,  企業規模5~9人 ",労働大臣官房政策調査部統計調査第二課編 ,労働大臣官房政策調査部:東京,1995
  • 法律でみる女性の現在  ―ライフサイクルと法― 〔シリーズ<女・あすに生きる>6〕 ,高橋 保,ミネルヴァ書房:京都,1995
  • デザイナーの働き方とキャリア  ―女性と専門職―(女性労働研究 No.10),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1996
  • 女性の就業と富の分配  ―家計の経済学―(郵政研究所研究叢書),松浦 克己/滋野 由起子,日本評論社:東京,1996
  • 女性労働者のキャリア形成と人事処遇の運用実態に関する調査報告書,連合総合生活開発研究所編,連合総合生活開発研究所:東京,1996
  • 平成7年度  女子雇用管理基本調査結果報告書(婦人局調査資料 No.25),労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1996
  • 平成7年度  女子船員に関する全般的な調査報告書,海上労働科学研究所編,海上労働科学研究所:東京,1996
  • 平成8年度  女子雇用管理基本調査結果報告書(婦人局調査資料 No.28)―育児・介護休業制度等実施状況調査―,労働省婦人局編,労働省婦人局:東京,1996
  • 平成8年度版(1996年度版)  労働状況実態調査  ―経営動向、わずかに改善の兆し、抑制気味の女性従業員数、勤続年数は長期化―(平成8年7月調査),川崎市市民局勤労市民室編,川崎市市民局勤労市民室:川崎市 ,1996
  • 平成8年版  働く女性の実情,労働省婦人局編,21世紀職業財団:東京,1996
  • 21世紀の女性と仕事  ―キャリアも子どもも―(女性と仕事研究所ブックレット No.1),金谷 千慧子編著,啓文社:京都,1997
  • アジア・太平洋地域の女性政策と女性学,原 ひろ子/前田 瑞枝/大沢 真理編,新曜社:東京,1997
  • アジア女性史:比較史の試み,アジア女性史国際シンポジウム実行委員会編 ,明石書店:東京,1997
  • 雇用慣行の変化と女性労働,中馬 宏之/駿河 輝和編,東京大学出版会:東京,1997
  • 女性の職業・キャリア意識と就業行動に関する研究(調査研究報告書 No. 99),日本労働研究機構編,日本労働研究機構:東京,1997
  • 女性の職業能力開発に関する調査(調査研究報告書 No.89),職業能力開発大学校研修研究センター編,職業能力開発大学校研修研究センター:相模原市,1997
  • 女性学  Vol.5,日本女性学会学会誌五号編集委員会編,日本女性学会:東京,1997
  • 女性学教育/学習ハンドブック  ―ジェンダーフリーな社会をめざして―,国立婦人教育会館編,有斐閣:東京,1997
  • 東アジアの国際分業と女性労働(MINERVA現代経済学叢書12),藤井 光男編著,ミネルヴァ書房:京都市,1997
  • 不況下における女性の離転職と生活(女性労働研究 No.11),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1997
  • 平成9年版  国民生活白書 <働く女性  ―新しい社会システムを求めて―>,経済企画庁編,大蔵省印刷局:東京,1997
  • 管理者のための女性の能力発揮・育成プランニング実践テキスト(教材情報資料 No.79),職業能力開発大学校研修研究センター編,職業能力開発大学校研修研究センター:相模原市,1998
  • 管理者のための女性の能力発揮・育成プランニング実践指導書(教材情報資料 No.81),職業能力開発大学校研修研究センター編,職業能力開発大学校研修研究センター:相模原市,1998
  • 参議院50周年記念  女性国会報告書(女性の視点から見た21世紀の日本  ―男女共同参画社会を目指して―),参議院事務局編,参友会:東京,1998
  • 女性の暮らしと労働  <日本女性史論集  6>,総合女性史研究会編 小和田 美智子/長野 ひろ子,吉川弘文館:東京,1998
  • 女性の力を引き出す企画力養成テキスト(教材情報資料 No.78),職業能力開発大学校研修研究センター編,職業能力開発大学校研修研究センター:相模原市,1998
  • 女性の力を引き出す企画力養成指導書(教材情報資料 No.80),職業能力開発大学校研修研究センター編,職業能力開発大学校研修研究センター:相模原市,1998
  • 不況下における女性の離職と生活  ~事例を中心として~(女性労働研究 No.12),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1998
  • 平成9年版  働く女性の実情,労働省女性局編,21世紀職業財団:東京,1998
  • アジアに生きる女性たち: 女性労働者との交流十五年,広木 通子,ドメス出版:東京 ,1999
  • 営業・販売職における女性の再就職  ―女性の認識と企業の考え方―(女性労働研究 No.13),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1999
  • 外国人労働者のコミュニケーションと人間関係  PART-3  ―東京で働く4つの国の女性たち―(国際労働研究 No.5),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1999
  • 女性のエンパワーメントと開発  ―タイ・ネパール調査から―(平成6年度~平成10年度  開発と女性に関する文化横断的調査研究報告書),国立婦人教育会館編,国立婦人教育会館:埼玉県嵐山町,1999
  • 女性の就労と資格の効果(女性労働研究 No.14),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,1999
  • 平成10年度  女性雇用管理基本調査結果報告書(女性局調査資料  No.4),労働省女性局編,労働省女性局:東京,1999
  • 平成10年版  女性労働白書  ―働く女性の実情―,労働省女性局編,21世紀職業財団:東京,1999
  • 女性労働の多様化と職業能力の活用(女性労働研究 No.15),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,2000
  • 平成11年度  女性雇用管理基本調査結果報告書  ―育児・介護休業制度等実施状況調査―(女性局調査資料  No.6),労働省女性局編,労働省女性局:東京,2000
  • 大都市若年アルバイトの就労と意識(女性労働研究 No.16),東京都立労働研究所編,東京都立労働研究所:東京,2001
  • 平成12年度  女性雇用管理基本調査結果報告書(雇用均等・児童家庭局調査資料  No.4),厚生労働省雇用均等・児童家庭局雇用均等政策課編,労働省雇用均等・児童家庭局:東京,2001
  • 21世紀の女性政策と男女共同参画社会基本法,大沢 真理編,ぎょうせい:東京,2002
  • 介護労働の国際比較 (女性労働研究 No.42) ,女性問題研究会 編,青木書店,2002
  • 女性労働20世紀から21世紀へ,女性労働問題研究会 編,青木書店:東京,2002
  • 女性労働者・事業主・医師・助産婦・保健師・看護師の職場における母性健康管理,大久保 利晃/中林 正雄 編 坂元 正一 監修,女性労働協会:東京,2002
  • 平成13年度  女子船員の就労実態等の調査 ,海上労働科学研究所編,東京:海上労働科学研究所,2002
  • 平成13年度 女子船員の就労環境並びに意識に関する調査  ,海上労働科学研究所,東京:海上労働科学研究所,2002
  • 平成13年度 女性学・ジェンダー研究フォーラム報告書 21世紀に向けての男女平等・開発・平和,国立婦人教育会館編,国立婦人教育会館:埼玉,2002
  • 国際分業と女性  ―進行する主婦化―  <Patriarchy and Accumulation on a world scale>,"Mies, Maria(マリア・ミース) 奥田 暁子訳",日本経済評論社:東京

 

■その他、当所が所蔵する雑誌  ※主に2000年より以前に発行されたもの

 <準備中です>