講演依頼はこちら

財団法人労働科学研究所への講演依頼

財団法人労働科学研究所では、研究所での各種研究成果の現場へのフィードバック、維持会員や維持会員以外へのサービスとして、各種講演、産業安全保健に関する研修の企画等をお引き受けいたします。お気軽にご相談ください。
講演テーマの例

問い合わせ先

労働科学研究所 維持会
TEL:044-977-2123 FAX:044-976-8190 電子メールでのお問い合わせはこちら
講師派遣規定(維持会員は割引価格)はこちら

労働科学研究所が対応できる講演テーマ例

講演:60分、90分、120分等
研修:半日研修~1日研修(演習や実習の参加型研修を含む)

システム安全研究グループ (グループ紹介はこちら

キーワード:安全文化、産業組織心理学、ヒューマンエラー、災害・事故防止、事故分析、参加型研修

<講演テーマの例>
  • 安全文化の構築と定着化について
  • ヒューマンエラーによるトラブルの分析と対策例
  • 産業事故の発生プロセスの解析とその対策
  • 現場対策に役立つ産業心理学の基礎(考え方、手技、手法、グッドプラクティスの数々)

疲労・労働生活研究グループ (グループ紹介はこちら

キーワード:過労死、疲労の科学、睡眠時無呼吸、夜勤・交代勤務、メンタルヘルス、暴言・暴力

<講演テーマの例>
  • 働く人の疲労と睡眠
  • カラダに優しい夜勤交代勤務編成
  • 夜勤対策としての仮眠の重要性
  • 働きやすい夜勤・交代勤務の実務と将来計画
  • 働く人たちの多様性に応じた安全衛生対策の実際
  • 職場環境改善を通じたメンタルヘルス対策
  • 医療機関における暴言・暴力の職場対策

人間工学研究グループ (グループ紹介はこちら

キーワード:人間工学、オフィス、製品安全、過労運転、自動車運転労働など

<講演テーマの例>
  • 健康オフィスの条件—2010年のオフィス—
  • ITの技術動向と働き方の変化—安全衛生担当者が知っておくべきこと—
  • 運転安全と運転者の健康—労働科学からの提案—
  • 人間工学目線から取り組む製品評価—労研の新事業—
  • 職場ですぐに使える人間工学手法

職場環境リスク研究グループ・教育グループ (グループ紹介はこちら

キーワード:リスクアセスメント、労働安全衛生マネジメントシステム、粉じん測定、作業環境測定、有害環境管理、給食調理、清掃事業

<講演テーマ例>
  • 初心者が理解できるリスクアセスメントの実際
  • 中小企業がすぐに取り組める粉じん・騒音対策
  • 今年の夏こそ、熱中症を防ぐ
  • 衛生管理者のための作業環境調査の手技・手法解説と実習
  • 大量調理施設衛生管理マニュアルに基づいた衛生管理のポイント
  • 給食調理施設で見られる衛生管理の失敗と対策例
  • 職業感染に関する基礎情報と事業継続計画(BCP)
  • これだけは知っておきたい労働安全衛生法規

慢性疲労研究センター (詳細はこちら

<講演テーマ例>
  • 慢性疲労の成り立ちとその組織対策
  • 個人ができる慢性疲労予防策の7つのステップ
  • 過労死にかかわる科学エヴィデンス・アップデート

メンタルヘルス研究センター

<講演テーマ例>
  • 人事部によるメンタルヘルス対策
  • 労働組合が取り組むメンタルヘルス対策
  • 職場環境改善を通じたメンタルヘルス対策

※鈴木安名(センター長)への講演は、本人が超多忙につき、基本的にはお受けすることが難しい状況です。(どうしても鈴木安名でないと社員の安全と健康が確保できないという場合は、ご相談に応じます。ご連絡ください)

働くひとの多様性研究センター

<講演テーマ例>
  • 在宅ワークを健康に働くために
  • 変貌するオフィスワークと働く人々の健康
  • 日本で働く外国人のための安全衛生
  • 高齢でも安全・健康に働くことのできる職場づくり
  • 多様化する現代の労働と働く人々の健康

※本センターは平成21年~平成23年の厚生労働科学研究補助金(労働安全衛生総合研究事業)「非正規雇用の一典型としての外国人労働者における労災・職業病リスクの解明と参加型手法による予防対策の確立」等の研究を実施しているセンターです。

国際協力センター (詳細はこちら

<講演テーマ例>
  • 中国における労働災害と安全文化
  • 産業安全保健の国際動向(アジアを中心として)
  • 対策指向型安全衛生トレーニング(WISE、WIND、POSITIVE)の実際
  • 医療機関における針刺し切創対策に関する国際動向と最新情報、など

ここまで